暑い暑すぎる

本当にうんざりするような暑さが続いていますね。皆さんの住んでいる地域ではいかがでしょうか。私の住んでいる地域では今日の最高気温が38度を超えました。本当に恐ろしいです。今日一日部屋にこもってシャッターを閉めて、デスクライトだけで生活をしていました。そうすると意外と部屋の気温は外気温に比べるとあまり上がらなく、31度で落ち着いていました。クーラーつけていて31度……。お茶を飲みまくっていたので、何回もトイレにいきました。

 

さて。暑さに負けながらも、しぶとく今日もサマポケRB攻略日誌を書いていこうと思います。

 

今日は8月11日まで進めました。蒼ルートです。いろいろな鍵をにぎるワードがでてきたり、伏線がたくさん出てきました。蒼ルートだからでしょうか。そんな気がしています。七影蝶の話も出てきました。

七影蝶はサマポケ全体にかかわるものですからね。蒼ルートを一番最初におすすめするのも納得します。

蒼ちゃんが眠くなっているのも七影蝶の影響ですしね。

 

さて。今日のサマポケRB攻略日誌はここまで。熱中症に警戒しながら、夏を乗り切りましょう。それでは。

Summer Pockets 発売4周年!

今日でサマポケが発売して4周年ですね。2018年ですか。当時はサマポケのOPは知っていましたが、サマポケは既に発売されているものと思っていましたね。「こみっくがーるず」と「多田くんは恋をしない」が終わってしまって、夏アニメを何見ようかと迷っていたり、2018年サッカーワールドカップで盛り上がっていた記憶があります。

 

さて。今日もサマポケRB攻略日誌を書いていきましょう!

8月3日まで進めました。

今日もいろんな楽しい可愛い蒼ちゃんを見ることができました。蒼ちゃんといると楽しいことばかりです。しかし今後の伏線のシーンもがっつりと触れているので、なんとも言えない気持ちにもなります。

いくつも面白いシーンがあったので、全部紹介します!

波紋法が使えるようになりそうです。天善は波紋使い!?

 

蒼ちゃんはピンクで初心。そんな蒼ちゃんが大好きです。ほんとにおおらかな島で育つことができていて、私も一安心しています。蒼ちゃんは都会に来たら、すぐにやられてしまう人間だと思います。羽依里が守ってあげないといけませんね。

 

これは私も考えただけでゾっとしました。確かに昔は抵抗なくセミとか虫に触ることができていましたが……。今は触れませんね。

昔、公民館の中にセミが迷い込んでいて、気づかずに蹴ってしまったことを思い出しました。頑張って逃がしてあげました。

 

さて。今日のサマポケRB攻略日誌はここまで。それではまた明日お会いしましょう。

明日でSummer Pokcets 発売4周年

最近。Twitterというのを始めてみて、とりあえずサマポケと調べてみると、明日で4周年というツイートを見かけました。サマポケ、発売してもう4年ですか。4年前はまだ中学3年生でしたね。製作発表したのが2016年ですか……。中学1年生のときですね。時間が経つのははやいものです。私がサマポケを知ったのはこの前の記事で触れた通り、2019年です。これからもサマポケが流行ってくれることを祈ります。

 

さて。今日もサマポケRB攻略日誌を書いていきますよ。

昨日の記事でも書いたかもしれませんが、現在は蒼ルートを攻略していっています。攻略していると言っても、まだ共通ルートのところですが。今日は8月1日まで進めました。

蒼ちゃんの寝言でもところどころに伏線が含まれていて、また蒼ちゃんが去っていくシーンでもかなりの伏線が敷かれていました。これは完全に一回蒼ルートを攻略しているから言えることです。しかし、もう一度プレイしながら、その伏線を確認していくのも楽しいですね。

今日も面白かったシーンがいくつもあったのですが、厳選したのを一つ紹介しておきます。それは……。


確かに蒼ちゃんは男勝りなところがあると思います。そこがかわいいんです。

さて。今回はここまで。それではまた明日お会いしましょう。

書かずにはいられない

かぐや様は告らせたいーウルトラロマンチックー」の最終話を見ました。センチメンタルクライシスが流れた瞬間には泣きそうになりましたね。センチメンタルクライシスがかぐや様の曲で一番好きかもしれません。

最後のシーンには驚きましたね。まさかかぐや様からキスをするとは。でも、結局二人は告白は言葉ではしてないんですよね。先に体からとは。やりますなぁ。言い方に語弊がありますね。今後二人がどのように付き合っていくかは期待ですね。本当の最後のシーンで、二人はこっそりと手をつないでいましたし。新作アニメーションも発表されているので、アニメで続きを見れるのはうれしいことです。

 

さて。かぐや様の話は終わりです。今日もサマポケRB攻略日誌を書いていきますよ。

今日はまたプロローグから始めました。というのも最初の称号をコンプリートするためです。今回は「歌を忘れたカナリア」にしました。ポエマー羽依里の真骨頂ですね。

で、久しぶりというわけでもありませんが、卓球をしました。試合では天善に全く歯が立たず、負けまくりました。これでは悔しいということで、力が続くまでの特訓をしました。画像はないですが、112コンボまで行きました。気持ちがよかったです。

今の卓球のレコード率はこれくらいです。

 

それでは今日のサマポケRB攻略日誌はここまで。また明日お会いしましょう。

祝! Summer Pockets REFLECTION BLUE 発売2周年!

今日は記念すべき日です! タイトルにあるように今日はサマポケRBが発売して丸2年が経った日だからです! 今回の記事ではサマポケとの出会いとかをいろいろ書いていきます! もちろんサマポケRB攻略日誌も書きますよ。それではスタート! れいげんやちこなれ!

 

1.サマポケとの出会い

サマポケと出会ったのは確か中学3年生になる前の春。つまり中学2年生の春休みです。当時から既に美少女ゲームに興味があった私はよく美少女ゲームソングメドレーを聞いていました。そのような動画を見ていると、YouTube で「水の上の雲」がレコメンドされていましたが、そのレコメンドの中の一つが Summer Pockets のオープニングテーマ「アルカテイル」だったわけです。

This game や There is a reason などを知っていた私としては「鈴木このみって美少女ゲームソングも歌ってるんだ」と思いました。私のイメージの鈴木このみはアニソンシンガーだったからです。なので「アルカテイル」はしばらく私の中に残っていました。

そして高校1年生の5月。とうとう Summer Pockets 購入しました。しかし、私は買ってすぐにはプレイしませんでした。それは”夏休み”にプレイしたかったからです。ということで夏休みに私はプレイしました。たしか攻略が終わったのが、8月の中旬くらいでした。その後サウンドトラックを聴いてまた泣いたのを覚えています。

 

2.サマポケRBの発表

2019年12月9日20時頃(時間は詳しく覚えていません)。Summer Pockets REFLECTION BLUE の発表がありました。私はパソコンの前でしっかりと待機していました。そしてリリース発表が決定して、思わず泣いてしまいそうになりました。noteでその感想を書いた記憶があります。

 

3.サマポケRBの予約日

2020年2月28日金曜日午前10時15分。私は Summer Pockets REFLECTION BLUE を予約するために家を出ました(卒業式があって休みだった)。開店時刻は11時なのでちょうど5分くらい前につく計算です。自転車をこいでアニメイトを目指しました。そして11時に開店するとまっすぐにカウンターに行って予約をしました。本当は豪華版を欲しかったのですが、高すぎて買えませんでした。悔しかったです。それはさておき、無事に購入することができました。まだこの時はコロナが日本で発見されましたが、緊急事態宣言とかも出ていなく、マスクも要らない時代でしたね。懐かしいです。

 

4.サマポケRBの発売

2020年6月26日金曜日15時30分。私は学校が終わり、大急ぎで家に帰りました。というのも17時から歯医者の予約を入れていたからです。家に帰るとすぐに着替えてシャワーを浴びて(汗の臭いがムワーっとしていたからです)駅に走りました。しかし途中で気づきました。マスク忘れたと。家に取りに帰っても、暑くてしんどいし、何より時間がかかる。そう思いながら予備のマスクをカバンにないかを探していると、マスクが奇跡的にありました。アベノマスクがあったのです。……。背に腹はかえられなく、私はそれをつけて電車に乗りました。カップルにクスクス笑われたのは今でも覚えています。

16時40分頃に駅から降りて、走ってアニメイトに向かいました。そして無事にSummer Pockets REFLECTION BLUE をゲット。予約したアニメイトでは豪華版が10ほど。初回限定盤が30個くらいあったような気がします。予約者限定のふむゆん先生とNa-Ga先生のサイン入り色紙としろはのタペストリーをゲットしました。私は知らなかったのですが、Summer Pockets REFLECTION BLUE のポスターももらえました。これには驚きが隠せませんでした。ただ驚いている暇もなく。私は急いで歯医者に向かいました。(10分くらい遅れました)

18時30分くらいに家に帰り、お風呂に入ったりごはんを食べたりして、20時。私はとうとうSummer Pockets REFLECTION BLUE を開封しました。その時の感動は今でも忘れることができません。そしてさっそく攻略を開始しました。最初に攻略したのはのみきルートでした。

 

5.サマポケRB攻略日誌

さて。今日もサマポケRB攻略日誌を書いていきますよ。

今日はうみルートが終わりました。うみちゃんと楽しく過ごす?夏でしたね。

今後の伏線もあったルートでした。

ネタバレになるので書いてもいいのかと迷いますが、書きます。なのでご注意を。

 

このルートは羽依里とうみちゃんの、うみちゃんが過ごしたかった夏のひとつになると思います。最後のシーンでうみちゃんは消えてしまいましたが、これはうみちゃんがまた夏を繰り返したからだと考えられます。まだ分かっていないのは、最後の羽依里の言葉です。これはうみちゃんの七影蝶の影響なのか。はたまた世界全体が夏を繰り返しているからなのか。気になるところです。いろいろな考察ができそうです。

 

それでは今回はここまで。また明日にお会いしましょう。

 

Summer Pockets REFLECTION BLUE 発売2周年おめでとうございます!

体力のなさを実感したよ

今日はフットサルをしていました。しかし体力が全くなく、15分の試合を7試合したのですが、最初の一試合でダウンしていました。本当に体力がないですね。昔からですが。なのであとの試合はずっと前にいるか後ろにいるかのどちらかでした。加えて私は太っているので(体重は93.7kg。フットサルのあと、家に帰ってから計測しました。これでもマックスから6kg近く減ったのですよ)、体力がないプラス太っている。動けない理由の二大がそろっているわけです。さらにこれからどんどん暑くなっていくので、もうそれは。熱順応するために毎日30分歩いてたくさん汗をかかないといけないですね。太っていると熱がこもりやすいので、熱中症に気を付けながらです。

 

さて。今日もサマポケRB攻略日誌をしていきましょう。今日はうみルートの8月21日まで進みました。一番ぐさっときたのは「何の反抗もないほうが心配だし、反抗するくらい立派に育ったってことだろ」という言葉です。本当にぐさっときました。私の話を置いておいて。しんみりとするシーンも多かったですが、笑えるシーンもたくさんありました。その中で厳選したのは……。このシーンです!

 

です。蒼ちゃん可愛いですね。

 

今回はここまで。というよりもフットサルの疲れが……。もう眠くてすぐに落ちてしまいそうです。それでは。

友情は厚い

まちカドまぞく2丁目 第11話「新学期! 魔法少女の新たなる役割!」を見ました。オープニングはいつも通りほのぼのコメディでしたが、Aパートが終わり、Bパートから雰囲気が一気にシリアスになりましたね。

ミカンの呪いは本当はミカンを守るためにできたものだったけれど、その力が強力になってしまって制御することができない。なんとも悲しいでき事だと思います。しかし、その呪いからミカンを解放するのは友情。ミカンの呪いを説得させることができるのか。来週が待ち遠しいです。

 

さて。まちカドまぞくの話もこれまでにして。今日もサマポケRB攻略日誌を書いていきます。

 

うみちゃんルートを8月13日まで進めました。うみちゃんと島の子供たちが家に集まって何かコソコソしているシーンですね。私も子供のころ、よく秘密基地で遊んでいました。懐かしい思い出ですね。

そして。今日はいろいろと伏線を発見しました。一つ挙げるならば「しろは」でしょうか。うみちゃんは羽依里と同じく、今年の夏に鳥白島に来ました。そう同じ年にです。しかし、羽依里が「しろは」と言ったら、うみちゃんは「鳴瀬さん」と返しました。小さい島とはいえ、二週間で島民の名前を覚えるでしょうか? 私はそうとは思いません。たとえうみちゃんが島中から愛されているとしてもです。しろははあまり人と関わろうとしませんから。

この意味が後々分かるので、それまでは伏せておきましょう。

 

それでは今回はここまで。また明日お会いしましょう。

バッドエンドのその先に。

夜。暑すぎて寝れないので、クーラーをつけ始めました。今日で四日目なのですが、日に日によく効くようになっているような気がします。私が住んでいるところは比較的冬は寒くないので、暖房をつけることはありません。なのでエアコンが起動するのは夏のみになります。つまり、今はエアコンのウォーミングアップということです。今年の夏も良いパフォーマンスをしてもらいたいので、しっかりとウォーミングアップをしてもらいたいと思います。私も全力でサポートします。

 

さて。今日もサマポケRB攻略日誌を書いていきます。

今日も天善と卓球勝負をしました。結果はというと。

勝利はしましたが、昨日よりもスコアが伸びず。恐らく最大コンボが昨日よりも一つ少ないのが原因だと考えられます。悔しいですね。卓球道は険しい道のりが待っていそうです。

 

卓球神の称号を得ても、まだまだ精進していきます。

 

もちろん、これだけではございませんよ。本編をきちんと進めています。

ですが。私がダラダラと進めていたせいか。

バッドエンドに向かってしまいました。サマポケ無印版を初めて攻略したときを思い出しますね。鴎ルートを一番最初に攻略して、次に蒼ルートに行こうと思っていたら、どうやっても蒼ルートに入ることができず。4回連続でこの「さようなら……と、誰かが呟いた。」というのを見たんですね。懐かしい思い出です。

 

でも、このバッドエンドを見る前にサマポケRBでは選択肢が一つ追加されました。これがうみルートに入る選択肢なのです!

うみルートもサマポケ無印版ユーザーが待ち望んでいたルートでもあるので、発表されたときのコメント欄の盛り上がりようはよく覚えています。そのときのアーカイブが VisualArts のYouTube チャンネルに残っていると思うので、ぜひ見てみてください。2019年12月7日のアーカイブです。私もコメントをした記憶があるのですが、確認したところ表示されていませんでした。アカウントを消したからでしょうか。よくわかりません。

Heaven Burns Red の初のプレリリースもこのときだったのですね。私はソシャゲーはしないので、あまり詳しく覚えていませんが、二回ほどリリース延期したのは覚えています。

 

話がそれましたね。元に戻ります。

 

 

サマポケRBではこの選択肢が追加されました。「思いとどまる」を選択するとうみルートへ入ることができます。

「うみ 8月9日」とあるように、しっかりとうみルートに入っていることが確認できます。

 

ということで。

今日からはうみルートです。どんな物語が待っているのか。記憶を消したつもりで楽しんでいきます。

本日はこのあたりで。それでは。

汗が滴る日でした

今日は体育があったんですが……。蒸し暑すぎて、汗がとんでもない量でました。服がびっしょりと濡れて、洗濯後みたいになっていました。絞れるくらいです。大切だなと思ったのは体を冷やすことですね。湿度がすごいので潜熱による体温低下は期待できないので、何か凍らせた水とかをペットボトルに入れて、それを首に当てて体を冷やす。これをするかしないかで大きく変わると思います。今日も冷やしたことで体育を乗り切ることができました。みなさんも熱中症には気をつけてくださいね。

 

さて。恒例?のサマポケ攻略日誌です。今日は8月4日まで進みました。個別ルートに入るのはあと3日くらいでしょうか。そんな気がします。

しろはのところに行ってみたり、秘密基地に行ってみたりと思いのまま過ごしました。やっぱり秘密基地で男どもと遊ぶのは楽しいですね。笑ってばっかりです。

忘れかけていましたが、天善と卓球勝負をしました。結果は……。

 

 

勝利しました! 元卓球部部長の私の意地を見せつけることができてよかったです。(~ ̄▽ ̄)~

これからは「伝説の卓球王」とお呼びください。なんちゃって。

 

そして今回笑わせてもらったシーンは……。

 

 

これですね。良一が裸で過ごすために生み出された画期的な案です。のみきが逃げ出してしまうのもよくわかります。ボディペイントと言う言葉を聞くと、どうしても生徒会役員共の七條アリアを思い出してしまいます。これもきっと変態チヤMADのせいですね。いつも楽しく見させてもらってます。

 

さて。今回の日誌はここまでです。また明日お会いしましょう。それでは~。

雨が降っています。蒸し暑い日々が続きそうです。

蒸し暑く、汗がなかなか乾かない日が続きそうですね。汗っかきの私には苦手な季節です。カラカラなものもいかがなものですが。

 

さて。前回に続いてというよりも、今回の記事から「サマポケRB攻略日誌」というのを始めていきたいと思います。簡単に今日はここまで進めたというのを記録していくものです。加えて、面白いと思ったシーンがあれば、スクリーンショットをして記録していきます。(参考までに。だいたい一日当たり30分くらいは時間を作ってプレイしています。)

 

今日は7月30日まで攻略しました。一週目は特に誰を攻略すると決めずに進めていきたいと考えています。

 

今回面白かったシーンはこれ!

今回、プロローグの一番初めに選んだのが「傷ついた渡り鳥」だったので、この会話があるのだと思います。おそらく選択によって変わると思います。ストーリーの大筋は覚えていますが、細かいところは忘れてしまっていますので……。

 

「満月を喰らいし乳房」と名乗るあたり、静久は本当におっぱいを愛しているのだと思いますね。この愛している理由も静久ルートでわかるのですが、その理由はネタバレになるので、ここでは話ません! でも、静久ルートを攻略した後に書く予定の、感想で書くかもしれません。いつになるか分かりませんが、気楽に待っていただけると幸いです。

 

 

それではまた。

夏だ!休みだ!サマポケだ!

Summer Pockets REFLECTION BLUE

とうとう夏がやって来ましたね。今回の記事はめったに使わないタグを使って、いろんな人にプレイしてもらいたい、Summer Pockets REFLECTION BLUE の三度目の攻略に入ったということを書いていきたいと思いますよ! れいだーん! (テンション高い)

 

 

目次

Summer Pockets REFLECTION BLUE ってなんぞや!

やってほしい人!

注意点!

終わりに

 

 

 

Summer Pockets REFLECTION BLUE ってなんぞや!!

ずばり、美少女ゲームです! 「どんな時も—――夏の蒼さを、覚えていた。」というテーマで、笑って泣いて泣く、という夏を舞台にしたゲームです。

 

夏休み。主人公の鷹原羽依里(たかはらはいり)は亡くなった祖母の遺品整理という建前で逃げるように鳥白島にやってきました。早速、夏休みの間にお世話になる、祖母の遺品整理を先に始めている、叔母の鏡子さんに手伝いをさせてくれと頼みますが、「せっかくの夏休みなんだから、島を楽しんでおいで。手伝いはおいおいね」と言われ、島の散策を促されます。羽依里は島の散策を始めました。

 

そこで出会ったのは、島の個性豊かな住民たち。

 

「私にあまりかまわないほうがいいよ」と言う、ぼっち気質な心優しい女の子、鳴瀬しろは。(白髪の子)

 

「とにかく、あたしが寝てても放っておいて」と言う、耳年増な元気はつらつな女の子、空門蒼。(薄紫色の髪の子)

 

「行くよ。もう一度、海賊船のある場所まで」と言う、みんなを引っ張るポジティブな女の子、久島鴎。(ディープブルーの髪の子)

 

「探し物です。やりたいことを探しています」と言う、本人曰く真面目一本でやってきた少女、紬ヴェンダース。(金髪の子)

 

「この島への、僅かばかりの恩返しだ」と言う、少し寂しげな顔をのぞかせる、島の治安維持部隊隊員、野村美希。(薄緑色の髪の子)

 

「今日は、おっぱいを伝えに来たの」と言う、自称満月を喰らいし乳房の二つ名を持つ、水織静久。(紫色の髪の子)

 

「元気がありませんね、チャーハンを食べますか?」と言う、羽依里と同じく鏡子さんのところにお世話になっている、しっかり者の少女、加藤うみ。(ピンク髪の子)

 

「ねえ、この島に居たという鬼のことを知っているかい?」と言う、自らのことを鬼と言い、心優しい目で見られる少女、神山識。(赤髪の子)

 

「全く裸は最高だぜ」と言う、隙あらば服を脱ぐ、みんなのムードメーカー、三谷良一。(裸の人)

 

「まさかおまえ、つかえるのか」と言う、卓球のことしか考えていない、THE卓球の称号を贈りたい、加納天善。(眼鏡の人)

 

彼女ら、彼らの想いを形に変えて、忘れられない夏を駆けていく。

 

笑って泣ける夏です。

 

やってほしい人!

全人類

 

当たり前ですね。やって後悔することはありませんから。私は高校一年生の夏(2019年)に前作である「Summer Pockets」を。高校二年生の夏(2020年)に「Summer Pockets REFLECTION BLUE」をプレイしました。私の青春の思い出のひとつにサマポケがあるわけです! つまり、サマポケをすれば、最高のひと夏の青春を送ることができる!

いや、この書き方をすると青春が終わったみたいになってますが、今も青春してますよ。周囲の人に支えてもらいながら、楽しい大学生活を送らせてもらってます!(流れるような初の自己紹介)

 

注意点!

Summer Pockets」と「Summer Pockets REFLECTION BLUE」をどっちを買えばいいか分からないという人がいると思いますが、基本的には「Summer Pockets REFLECTION BLUE」で大丈夫です。

サマポケRBはサマポケにルートを追加して、少し挿入歌やエンディングを修正して、パワーアップしたものだからです。

話の流れ自体は変わりませんが、サマポケRBはエンディング曲が流れたあとのエピローグが追加されています。(そのエピローグはサマポケ無印版プレイ者が非常に望んでいた未来で、全ユーザーが幸せで泣いたことだと思います。私は号泣でした)

気になる人は是非、サマポケ無印版とサマポケRBを買ってください!

二度買っても、楽しめる作品です。

 

終わりに

この記事を書き始めたのが6月20日21:30分。今が同日22:56分。どうやったらサマポケの魅力が最大限に伝わるかを考えて書いていたら、あっと言う間に時間が過ぎていました。

ブログでこんなに長く文章を書いたのはいつぶりでしょうか。恐らくnoteのときに書いたサマポケRB攻略日誌最終回ぶりです。

一生懸命に、魅力が伝わるように書きましたが、全然 Summer Pockets の魅力を伝えられる文章が書けなくて、悔しいです。ですが、このブログで一人でも Summer Pockets を知っていただき、興味を持っていただければ、これ以上うれしいことはありません。

みんなでサマポケをして最高の夏を過ごせたらなと思います。

以上、Summer Pockets REFLECTION BLUE の紹介記事でした。

 

key.visualarts.gr.jp